【アップデート】赤き戦場、魔族の実験場、死の神は孤独に嗤う(Windows8.1動作改善)

【アップデート日】
2015年9月9日(水)「赤き戦場」
2015年11月4日(水)「魔族の実験場」
2015年12月2日(水)「死の神は孤独に嗤う」

「戦士誕生」(2015年5月)以降の主なアップデートをまとめておきます。


「赤き戦場」
専用マップにより、プレイヤー同士に一対一の戦闘を行うコンテンツ。グルーディオにNPCが登場。火木土の3回(ベガサーバの場合)、決められた時間に利用できる。参加アイテム(「赤き戦場の入場券」)は1日1回のペースで入手でき、最大8枚まで所持可能。勝利、敗北どちらでも、くじ形式のアイテムが配布される。(アイテムクリックでランダムでアイテム入手)
実装当時は、対戦相手のキャラクター名が見えていたが、その後に非表示となる。(このアップデートに関連しているのか、グルーディオの赤き戦場NPCの側では、血盟に加入していても血盟アイコンが表示されなくなった?)

→ 実装から3ヶ月間で50回参加しました。


「魔族の実験場」
専用マップが用意され、モンスターを倒して素材アイテムを集めて武器が作成できる。実装当時は、1日の利用時間は3時間であったが、その後、アカウント単位で1週間で5時間までに変更された。

→ 12月に入って2~3回程度行きました。モンスターからのダメージは直接攻撃は30、遠距離攻撃は10程度であり、囲まれない限りレッドポーションで回復が間に合います。(AC81、MR118)15分~30分のプレイで、邪悪な活力が5個前後でます。(経験値は30分で0.3ほど(討伐数160))象牙の塔のような、アデナを稼ぐ狩場として考えています。


「死の神は孤独に嗤う」
○装備部位、ゲートル追加
新しい部位として追加となり、ACが良くなります。

→ アイアンゲートルを購入、オーバーエンチャントして+5にし、ACが-9下がりました。

○傲慢の塔リニューアル
100階あった傲慢の塔が10階に変更されました。

→ 変更後、未挑戦です。(100階だったときには、50階まで到達していた)

○70レベルクエストの実装
55レベルクエストと同じ場所で、レベル70クエストができるようになりました。

→ クエスト用に必要なアイテム(武器強化スクロール70枚)が用意できず、未実施です。

○各種インターフェースの変更
パーティのメンバー表示が変更され、メンバーのHPだけでなくMPもわかるようになりました。その他、エモーションリスト(感情アイコン)を出せるようになりました。

→ パーティメンバーのMPが見えるため、個々がエンチャント、回復を意識して行動しやすくなると思います。


上記の他にも、12月のアップデートで、Windows8.1の画面周りの動作が改善しました。
・便箋や掲示板が点滅せず(黒塗りにはなりますが)読めるようになった。
・リネージュをウィンドウモードで起動、ウィンドウを動かしてもチャット欄が崩れることが無くなった。

Windows7のOSサポート期限もあるかと思うので、Windows8.1への正式対応を待ちたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック